1回の比率で勝てる

外国為替証拠金取引の経験がない方が相場の勘所を探すためにはまず最初に実戦を重ねていく事が必要です。

 

特に、直前に危険性を避けれるようにするには負けを積み重ねることも体験のひとつです。

 

間違いをするといっても立ち直れなくなるほど致命的な失敗をしてはいけません。

 

やり直しが効く損を何度か実践する事が最後に自身のレベルを上げてくれるはずです。

 

これを考えると、まず初めはわずかな資金で投資してこれによって幾度か小さめの間違いをすることが大切です。

 

仮に、100万円だけしか資金がない場合、最初から100万円を全部つぎ込んでトレードすると失敗した時永遠に取り返せない可能性があります。

 

それならば、仮に資金の10%ずつ分割して注文してそこで失敗や成功を重ねた方が、次第に負けを埋め合わせる方法なども覚えるはずです。

 

はじめにわずかなお金で売買する事のメリットはあなたの実戦を増やし負けを回避する技術を学習していく事にありますが、合わせて、エントリーの回数を積み重ねて、リスクを減らせるという価値もあります。

 

一例として、1度のトレードで儲けられる確率が二分の一だとします。

 

言い換えると、同じ条件で負ける危険性もあります。

 

勝率5割ということは。

 

2回に1回の比率で勝てることを言い表しています。

 

ですが、全てを賭けて1回のみの売買をするということは、はっきりとした勝ちか、負けのいずれかになってしまいます。

 

これではただ1度の賭博と同じです。

 

すなわち、全ての資金を使って1回だけしか取引をしないとそれだけでは負ける可能性が高まります。

 

そのため、お金を全て賭けるのではなく、いくつかに分割して回数を増やす事がリスク分散となる。

 

だからといって少しずつ分けたとしても、全ての注文で稼ぐ事は重要ではありません。

 

勝つことが出来ないのが実際のところです。

 

取引で必要なのは、勝利回数ではなく、どのくらい儲けるかである。

 

勝率5割でも、或いは勝率5割以下でも利益を出す事は出来ます。

 

それ以上負けてもマイナスがわずかならば、わずかな勝ちの利益の大きさで上手に稼げます。

 

それには、損を少なくして、儲けを大きくして心がけることだ。

 

損が出たら直ちに損失を確定してそれとは逆に勝った時は出来るだけ大きくプラスにする事が外国為替証拠金取引初心者がFX取引でプラスになるための極意といえる。