医薬品と関わらない企業も選べた薬剤師の転職

薬剤師向けのキャリアコンサルタント

薬剤師の転職事情薬剤師の年収ガイダンス/転職で年収アップを狙う方へ役立つ情報満載

そこで、可能性として何があるのかを知らなければならないと感じてたどり着いたのが、薬剤師向けのキャリアコンサルタントに相談を持ちかけるという決意でした。
求人サイトを利用して連絡を取ってみると、とても親切にどのようなキャリアパスが考えられるかについて説明してもらうことができ、医薬品に関わらない道もあるということがよくわかりました。
もともと化学や生物に興味を持っていたので、その基礎研究を行うという可能性を示してもらうことができたのが一つです。
しかし、研究者になるのは学位を取得するために大学院に行かなければ難しく、今から大学院に通うのも辛いという気持ちがありました。
そこでもう一つ提示してくれた可能性にすがることにしたのです。
もう一つの選択肢とは食品や化粧品のメーカーで検査や管理の業務に当たるという道でした。
確かに食品や化粧品に使用されている物質は医薬品との関わり合いを考えなければならないものがあります。
薬事法との兼ね合いなどを考えていく必要があるため、薬剤師としての資格を利用して転職ができるだろういう実感が持てました。
そこで、食品や化粧品の製造をする企業に焦点を絞って求人を探すことにしたのです。
実際には自分で探す必要もなく、そのキャリアコンサルタントから求人情報を提供してもらうことができました。
資格があるかどうかは問わないものも、資格があることを要求するものもありましたが、どちらもあまり気にせず受けることにして正解でした。
業界を越えて行う企業への転職はそれほど簡単なものではなかったからです。
最終的には資格があることを要望条件としていた企業で、主に特許や薬事法との兼ね合いに関わる業務に携わることができるようになっています。
医薬品と直接は関わらない道もあるのだと転職活動を通して学ぶことができました。

薬剤師の資格を取ったからには薬剤師向けのキャリアコンサルタント